奨学金返済の自己破産で始末される資産とは

奨学金返済の自己破産で始末される資産とはどのようなものか説明しています。奨学金が返済できなくて自己破産を検討している人もいますが、自己破産では資産が処分されるのが普通です。ではどのような資産が処分されてしまうのでしょうか。

 

自己破産では借金はゼロになりますが、代わりに自分が持っている資産も処分されることを知っておきましょう。

 

しかし基本的に自己破産するくらいの人間は、主としてには目ぼしい資産がない人が多いのでそこまで心配する必要はないと思います。

 

また資産があってそれを処分すれば借金が返せるなら自己破産する必要はなく、別の債務整理技法を行ったほうがデメリットが少なくて宜しいと思います。

 

とは言っても具体的にどのような資産が自己破産で処分対象になってしまうのか予め知っておくことは大事なことだと思います。

 

下で具体的にどのような資産が対象になっているのか掲載しているので参考にしてください。

 

自家用車や在宅以外に処分される資産はあるのか

自己破産すると在宅や自家用車が処分されると言うことはそれとなく理解している人が多いのではないでしょうか。やっぱり在宅や自家用車は大きな資産なので処分されるのは仕方がないことだと思います。

 

下記のような資産を持っている人間は破産管財人によって換金されて、債権人間に共有されるので知っておきましょう。

 

・車
見積りが20万円以上の車は資産としてみなされます。新規登録された機会が6年先であれば価値がないとみなされますが、高級車や外車は6年を超えても20万円の収穫があるとみなされることもあります。

 

・不動産
家貸付残金が不動産仕事が割り出した見積りの1.5倍未満の場合には資産としてみなされます。

 

・資金
99万円までの資金は債務者が自分で処分できる資産になります。

 

・保険解約返戻金
保険を解約して戻ってくるお金が20万円以上であると資産としてみなされるので注意が必要です。複数の保険を解約して戻ってくるお金が20万円上記なら同様に資産としてみなされます。

 

・退職金
破産を申立てた時点で退職した場合に支給されるはずの退職費用の8分の1が20万円以上のとある場合には資産としてみなされます。

 

・敷金返還請求権
敷金の返還は20万円上記あった場合も資産とはみなされないです。

 

こうして見るとほぼ知らなかった存在もあるのではないでしょうか。自己破産では資産隠しをすると犯罪になるので注意が必要です。またごまかそうとしても見つかるので正直に敢然と申告するようにしましょう。

 

奨学金による借金がかなり多くて返済が厳しくなったら、利息が増える前に早めに債務整理してしまったほうがいいと思います。いきなり債務整理しなくても、まずは債務整理の専門家に奨学金返済について話をしてはどうでしょうか。