奨学金返済の給与所得者等個人再生手続きポイント

奨学金返済の給与所得者等個人再生手続きポイントについて載せています。給与所得者等個人再生によって奨学金の借金を減らしたいと思っているなら手続きの詳細と内容について知る必要があります。

 

奨学金返済の給与所得者等個人再生手続きが利用できる人の制限としてあげられるのが、小規模個人再生手続きの対象になるための条件に加えて「収入の変動幅が小さいと見込まれる」という条件が追加されます。

 

こういうア変動幅は従来2年間の給与の変動幅が20%以内であることが必要になってきます。ただし、変動幅が20%を超えていても、その背景が転職の場合だと除外になるみたいです。

 

そういう意味では給与所得者等個人再生手続きは勤め人が主な対象になっているような、個人再生の手続きと言っていいかもしれないですね。

 

個人再生の手続き条件の中では条件の厳しい手続きですが、勤め人などのサラリー収入人が対象になっていることを考えると当てはまる人も多いのではないでしょうか。

 

給与所得者等個人再生手続きの返済額とは

給与所得者等個人再生手続きでは債権人への消費額について下記の3つの中で一番高い金額のものを支払うことになります。そういった意味では割と分かり易い手続きかもしれないですね。

 

・小規模個人再生での最低弁済基準額

 

・小規模個人再生で説明した、清算成果埋め合わせのはじめによる自己破産した場合に財を処分して債権人に配当されるであろう費用

 

・借金人の可処分所得2年分

 

ちなみに可処分所得の計算方法は

 

可処分所得=収入−(税金+社会保険料+生活維持費)になります。

 

こういう可処分所得を算出する際に控除される生活維持費は最低限の生活維持を基準にした費用を参考にしています。そのため、扶養人が少なくて給与の多い人ほど可処分所得が大きくなります。そのため多くのケースでは小規模個人再生を選択するよりも返済額が多くなってしまいます

 

まあこのあたりの計算も債務整理に対応している法律事務所の無料相談を利用するとすぐにわかることなので、話をしてみるといいです。

 

奨学金返済の方法として個人再生以外にも自分に最適な方法を提案されるかもしれないので、悩んでいるならまずは相談するようにしましょう。