奨学金の返済負担を軽くできる債務整理とは?

奨学金返済債務整理とは

 

奨学金を借りて高校や大学に進学する人は多く、その人数は毎年増えています。

 

その背景には学校の学費が高騰しているという問題もあり、大学卒業後の新卒でいきなり数百万円の借金を背負いながら働くことになるという過酷な現状です。

 

 

大学卒業後にいきなり数百万円の借金を背負うことになるので、新卒で就職できた人はいいですが、新卒で就職に失敗してしまったら、いきなり最初に奨学金返済のステップを踏み外すことになります。

 

実際に就職氷河期には奨学金が返済できないということで、債務整理を利用して借金返済の負担を軽くしたり、借金返済の義務をなくしてもらって、奨学金による借金を免除してもらう人が多かったです。

 

ではそもそも債務整理とはどのような手続き方法なのでしょうか?

 

債務整理とは?

 

債務整理は簡単に言うと借金返済の負担を軽減してもらう手続きで、弁護士や司法書士に依頼して手続きしてもらうのが一般的で、債権者と交渉したり、裁判所で手続きしたりして借金の利息をカットしてもらったり、借金自体を減らしてもらったり、借金を免除してもらうという手続き方法です。

 

弁護士や司法書士に債務整理の手続きを依頼すれば、ほぼ確実に奨学金による借金返済の負担は軽くなるので、奨学金を返済できないのではないかと不安に感じているなら手続きを検討するといいです。

奨学金返済に利用できる債務整理方法の種類とは?

奨学金返済債務整理種類

 

奨学金を返済できなくて債務整理を利用して返済負担を軽くしようとする場合には、どの債務整理方法を利用するかということが重要になってきます。

 

債務整理には大きく分けて4つの方法に分類することができます。「過払い金返還請求」「任意整理」「個人再生」「自己破産」この4つが代表的な債務整理方法になります。

 

選ぶ債務整理方法の種類によって、奨学金の減額幅や利息などの負担も変わってくるので、まずはどのような債務整理種類があるかということを知ることが重要になってきます。

 

奨学金返済に利用できる債務整理方法の種類

 

過払い金返還請求

 

過払い金という言葉については聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?テレビCMでよく過払い金に関するものが流れていた時期があったので、それを覚えている人も多いかと思います。

 

過払い金は簡単に言うと払いすぎた利息を取り戻すという債務整理方法で、依頼料金は取り戻した額が20%くらいの設定の事務所が多いので、手続き依頼でこちらが損をすることはないです。

 

ただ奨学金に関しては利息を多く取るということはないので過払い金が発生する可能性はほぼないと思っていいと思います。

 

任意整理

 

任意整理は債権者と交渉して借金返済の条件などを見直してもらう債務整理方法で、債務整理方法の中では一般的一番利用されている手続き方法になります。リスクが低い債務整理方法で、依頼料金が安いというメリットがあります。

 

ただ奨学金を所管している日本学生支援機構(JASSO)は任意整理の交渉、減額交渉に応じないという話もあるので、もし奨学金を任意整理で整理しようと思っているなら事前に弁護士や司法書士に相談してから決めたほうがいいです。

 

個人再生

 

個人再生は裁判所で手続きする債務整理方法で、再生計画案で決定した金額を3年から5年間で完済していくという債務整理方法で、最大で借金が10分の1まで圧縮されてます。

 

裁判所で手続きする債務整理方法なので、任意整理のように日本学生支援機構(JASSO)が交渉に応じなくても手続きすることができるので、十分に借金減額の可能性があります。

 

自己破産

 

自己破産は言わずと知れた債務整理の王様のような手続き方法で、裁判所で免責が認められると借金返済の義務がなくなるという究極の債務整理方法です。

 

もちろん自己破産にも効果があり、おそらく奨学金を債務整理する人が一番利用しているのがこの自己破産手続きなのではないかと感じます。

 

このように債務整理方法の種類は大きく分けて4つありますが、実質的に奨学金返済に利用できる債務整理方法は個人再生と自己破産の2つが一番有力な利用候補になると思います。

 

奨学金以外にも借金があり、それらの借金を減額することで借金全体の返済負担軽減をするということから、過払い金返還請求や任意整理も利用候補になってきます。

 

債務整理に関してはその人の借金状況や収入状況によって最適な方法は違ってくるということを覚えてくといいです。

債務整理する前には事前に借金の詳しい情報を集めておこう!

奨学金返済債務整理書類

 

奨学金を含めて、債務整理手続きを検討している場合には、あらかじめ奨学金をどれだけ返済して、あとどれくらいの金額が残っているかなどの詳しい状況を集めておくことが大事になってきます。

 

奨学金に限ったことではないですが、まずは借金に関する正確な情報を知る必要があり、奨学金以外にも借金があるような、それらの領収書などを含めて、家にある分だけでの資料を集めておくといいです。

 

具体的には下記のようなものを事前に用意しておくといいです。

 

債務整理前に事前に用意しておきたいもの

 

・身分証明書
・クレジットカード・キャッシュカード
・印鑑
・収入証明書・源泉徴収票
・預金通帳
・借入の契約書

 

あとは借入先をまとめた一覧表なども用意しておくといいかと思います。

 

債務整理手続きを利用する場合には、事前に弁護士や司法書士などに相談してから手続きを依頼することになると思うので、できるだけ自分の詳しい借金状況を伝えることが重要になります。

 

領収書などはある範囲で問題はなく、足りない資料は弁護士や司法書士の方で債権者に資料請求してくれるので、領収書などがないと手続きできないということはないので安心してください。

奨学金返済で債務整理を利用するなら無料相談を最初に利用しよう!

奨学金返済債務整理無料相談

 

奨学金返済で債務整理手続きをして、借金返済負担を軽くする人は多いですが、その多くの人が弁護士や司法書士に手続きを依頼して債務整理をしてもらっています。

 

近年は特に奨学金の債務整理が多いので、奨学金の債務整理に慣れている法律事務所が多く、奨学金で悩んでいるなら的確な返済のアドバイスを期待することができます。

 

また債務整理を利用する場合には、どの債務整理方法が適切なのかという専門家の視点が重要になってくるので、話を聞いて借金状況を説明することで、どのような債務整理方法が良いのかということも聞くことができます。

 

当サイトのランキングに掲載している法律事務所は、公式サイトでメールや電話で気軽に無料相談ができる事務所のみを厳選してているので、奨学金返済による債務整理を検討しているなら一度無料相談を利用するといいです。

 

無料相談を利用したからといって、債務整理しないといけないということはないので「とりあえず話だけ聞きたい」という気軽な気持ちで無料相談を利用してみてうださい。

 

奨学金返済で悩んでいるなら専門家に相談しよう

 

奨学金返済の無料相談はトップページから

奨学金の債務整理方法!初めてでもわかりやすく解説!記事一覧

奨学金返済の債務整理とはどのように行うのか説明しています。奨学金の返済問題で奨学金が返済できない場合に、債務整理を利用して返済しようと思っている場合の方法について説明しています。奨学金返済の債務整理には色々な方法がありますが、手続きの基本になるのがは「自分にいくらの借金があるのか」ということをしっかりと把握することです。それも「○付き万円くらい」というアバウトなものではなく1円単位まで性格に把握す...

奨学金の借金で返済が厳しい状態の場合に債務整理を検討している人も多いです。その際にしっかりとデメリットについて知ることが大事になってきます。奨学金返済の債務整理は借金を減額したり破棄にできるというメリットがありますが、メリットばかりでは無くデメリットも存在します。具体的には下記のようなデメリットが存在します。奨学金返済で債務整理を利用するデメリット信用情報が金融機関のブラックリストに掲載される必ず...