奨学金返済で債務整理を利用するデメリットとは?

奨学金返済債務整理デメリット

 

奨学金の借金で返済が厳しい状態の場合に債務整理を検討している人も多いです。その際にしっかりとデメリットについて知ることが大事になってきます。

 

奨学金返済の債務整理は借金を減額したり破棄にできるというメリットがありますが、メリットばかりでは無くデメリットも存在します。

 

具体的には下記のようなデメリットが存在します。

 

奨学金返済で債務整理を利用するデメリット

 

信用情報が金融機関のブラックリストに掲載される

 

必ず債務整理が成功するというわけではない

 

連帯保証人に迷惑がかかる

 

大きく分けると状況なデメリットが存在します。

 

これらのデメリットの中でおそらくあまりよくわからないと感じるデメリットが「信用情報が金融機関のブラックリストに掲載される」というデメリットではないでしょうか?

 

このデメリットは任意整理、個人再生、自己破産のすべての債務整理方法に共通するデメリットなので、債務整理手続きによって奨学金返済の負担を軽くしたいと思っているなら知っておくといいと思います。

債務整理すると信用情報がブラックリストに掲載される?

奨学金返済ブラックリスト

 

奨学金を含めた借金整理のために債務整理手続きをすると、金融機関にある信用情報がブラックリストに掲載されます。

 

具体的には借金している人が任意整理や個人再生、自己破産の手続きを行った際や、弁護士や司法書士が借金している人から債務整理手続きを受任したことを示す「受注通知」を金融業者出しすと「ブラックリスト」に登録されることになります。

 

ブラックリストとは、正にそういう名前の一覧が存在するわけではなく、全国銀行協会の情報センターやクレジットカード業者が加入するCICなどの機構の情報に登録されている個人の情報の返済能力への事故を掲載したデータベースになります。

 

つまりは民間のデータベースということになります。

 

このデータベースは金融業者の間で共有化されているので、ブラックリストに掲載されると、そこに登録されている金融機関などに債務整理をしたことが分かってしまいます。

 

そのため返済事故を起こした人への貸し付けをしないために、金融業者はブラックリストに掲載されると新規に借り入れやクレジットカードの作成を受け付けないということになります。

 

具体的には下記のようなデメリットが生じるようになります。

 

信用情報のブラックリスト掲載によるデメリット

 

銀行や貸金業者、クレジットカード業者から新規にお金を借りることができない

 

車や家などの取得でローンが組めなくなる

 

新規にクレジットカードが作れなくなる

 

とは言ってもブラックリスト掲載は生涯ずっと掲載されるというわけではなく、5年から10年くらいの一定期間が経過すると登録から消えるので、その後は普通にローンやクレジットなどを利用できるようになります。

 

奨学金返済の債務整理は非常にメリットの大きい借金返済の技ですが、デメリットがないわけではないのでこういったデメリットがあることを理解しておきましょう。

ブラックリストの掲載効果は一時的なもの

奨学金返済ブラックリスト効果

 

奨学金返済の債務整理によるブラックリストは通常は5年から10年くらいは残ることになります。

 

ブラックリストと大仰には言っていますが、あくまで金融機関の与信審査を目的に民間のデータベースなので、戸籍などの公的なものにはまったく影響は無いだけでなく、運転免許の取得や更新、パスポートの取得の際にも弊害にはなりません

 

何となく「ブラックリスト」と聞くと、とんでもなく悪いイメージがありますが、実際にはそこまで大きなデメリットではないと思います。

 

ローンやカードが作れないというデメリットはありますが、このデメリットによって借金する生活から脱出するきっかけにもなるのでポジティブに捉えるといいかと思います。

 

奨学金返済で困っているなら債務整理に慣れている法律事務所に相談すると解決策を提示してくれます。

奨学金返済で困っているならデメリットも含めた弁護士や司法書士に相談しよう

奨学金返済デメリット弁護士司法書士

 

奨学金返済による債務整理のデメリットはブラックリスト掲載以外にも、「連帯保証人に迷惑がかかる」ということや「必ず成功するわけではない」というデメリットもあります。

 

連帯保証人に関しては機関保証を利用している場合には知り合いに迷惑がかかることはないので普通に債務整理することができると思います。

 

もし親や親せきが連帯保証人になっている場合にはあらかじめ話しておくといいですが、どう話したらいいのかわからない場合は一度弁護士や司法書士に債務整理手続きを相談する際に、どのように話したらいいのかアドバイスを求めるのもいいと思います。

 

また債務整理が「必ず成功するわけではない」という問題については、経験や実績が豊富な弁護士事務所や司法書士事務所に相談すれば問題はないと思います。

 

奨学金が返済できなくて債務整理をするという人は増えており、債務整理の経験や実績が豊富な弁護士事務所なら奨学金の債務整理手続きにも慣れており、債務整理後の生活に関するアドバイスも受けられると思います。

 

当サイトに掲載している弁護士事務所や司法書士事務所は、公式サイトで無料相談を受け付けており、まだ債務整理をするつもりはなく「とりあえず話を聞きたい」という場合でも気軽に相談できる事務所を厳選しています。