奨学金は任意整理で減額可能なのか?

奨学金任意整理

 

結論を言ってしまうと任意整理では奨学金による借金負担を軽減するのは難しいです。

 

 

任意整理とは、本人や本人から依頼を受けた弁護士や司法書士が債権者と交渉して借金返済の条件を話し合い、借金の利息を減額してもらったり、返済期間を変更してもらったり、借金額を軽くしてもらうという返済条件を変えてもらう債務整理方法になります。

 

そのため任意整理による借金整理を行うためには、奨学金を担当している日本学生支援機構と交渉して返済条件を変えてもらう必要があります

 

日本学生支援機構は任意整理には応じない!

 

奨学金を任意整理するためには日本学生支援機構が借金返済の条件変更の交渉に応じてもらう必要がありますが、日本学生支援機構は任意整理の交渉には応じないようです。

 

まあ、こういった団体は普通の金融業者とは違うので交渉に応じないのも何となく理解できます。

 

また奨学金の利息は他の金融業者とは違ってかなり低い利率なので、任意整理で借金の利息を免除してもらったとしても大きな借金減額効果を期待することは難しいです。

 

奨学金だけを任意整理するなら、個人再生や自己破産などの債務整理方法を利用したほうがいいと思います。

 

ただ奨学金以外の借金がある場合には任意整理を利用する価値は十分になります。

任意整理を「した方がいい人」と「しない方がいい人」

奨学金任意整理したほうがいいしないほうがいい

 

任意整理は金融業者との交渉で返済条件を変えてもらい返済負担を軽くしてもらうという、債務整理手続きの中では珍しく裁判所での手続きがない自由度の高い債務整理方法です。

 

そんな任意整理を利用する場合にどういった人が「した方がいい人」でどういった人が「しない方がいい人」なのでしょうか?

 

任意整理を利用したほうがいい人

・借金額がそこまで大きくない人
・奨学金の連帯保証人が家族で他に借金がある人

 

任意整理は個人再生や自己破産のように大幅に借金が減額されるという債務整理方法ではないので、比較的借金負担が軽めの人が対象になります。

 

そんな任意整理は債務整理対象の借金を選ぶことができるので、「奨学金には家族が連帯保証人になっているので整理したくない」という場合に利用しやすいです。

 

連帯保証人がついている借金を債務整理すると、連帯保証人に借金返済の督促が行くことになりますが、任意整理ならそんな連帯保証人がついている借金を避けて債務整理できるので、連帯保証人に迷惑をかけずに借金整理できます。

 

任意整理を利用しない方がいい人

・借金額が大きい人
・仕事がなくて収入がない人

 

任意整理は借金額が大きい場合だと、返済条件を軽くしてもらったとしても返済しきれない場合があるので、借金額が収入と比べて大きい場合には、個人再生や自己破産などの減額幅が大きい債務整理方法を利用するといいと思います。

 

また任意整理は借金返済の負担は軽くなりますが、借金が全てなくなるということはないので、仕事がなくて収入がない人は利用しないほうがいいです。

任意整理の手続きの流れ

奨学金の任意整理の手続き流れ

 

奨学金を含めた借金整理で任意整理の利用を考えている場合には上記のような流れで手続きを行うことになります。

 

任意整理の最初の入り口は弁護士や司法書士への無料相談になります。債務整理手続きを法律事務所に依頼する場合には共通する手順になります。無料相談を利用して任意整理を依頼することになったら契約して手続きをしてもらうことになります。

 

法律事務所が任意整理を受任したら、借金問題に法律事務所を介入したことを知らせるために金融業者に受任通知を発送します。こうすることによって、金融業者からの借金の取り立てや督促がストップします。

 

それからは借金額や利息などの詳しい計算をするために金融業者に取引履歴などを請求して資料作成やなどを行い、任意整理の交渉手続きを行うことになります。

 

金融業者との交渉で借金の利息や返済期間などに関する交渉を行い、金融業者と弁護士・司法書士で双方合意したら交渉完了になります。

 

最後は依頼者である私たちへの結果報告の返済方法について説明受けて、新たな返済条件によって借金を返済していくことになります。

 

任意整理の手続きに必要な期間とは

任意整理期間

 

任意整理は奨学金自体にはあまり効果を発揮しない債務整理方法ですが、奨学金以外に借金がある場合には非常に便利な債務整理方法です。

 

その便利な一面として、他の債務整理方法よりも手続き期間が短いということが挙げられます。

 

任意整理の手続き期間は3カ月〜6カ月くらい

 

依頼する弁護士や司法書士の経験や実績、借入先の件数などによっても期間は異なってきますが、おおよそ任意整理に必要な手続き期間は3カ月くらいから6カ月くらいになります。

 

自己破産や個人再生の場合だと半年以上くらいは普通に手続き期間が必要になってくるので、そういった意味では他の債務整理方法よりも手軽に利用できます。

 

ちなみに手続き期間中は借金の督促や取り立てが止まるのはもちろんですが、借金返済をする必要もないので、この手続き期間に任意整理の依頼料金を貯めたり、生活の立て直しをするといいと思います。

奨学金返済で困っているなら弁護士・司法書士の無料相談を利用しよう!

任意整理奨学金無料相談

 

奨学金返済で困っている場合には早めに弁護士や司法書士の無料相談を利用して、返済方法などを含めて詳しい話を聞くといいと思います。

 

奨学金には返還機関猶予制度減額返還制度などの救済措置がありますが、期間や条件などに制限があって利用できない可能性もあり、そうなると債務整理を利用するのが一番確実な減額方法になります。

 

奨学金の場合だと任意整理では減額するのが難しいですが、奨学金以外にも借金を抱えている場合には、それらの借金を任意整理することによって、借金負担を総合的に軽減することができます。

 

また近年は奨学金の債務整理が多いので、弁護士や司法書士は奨学金の借金問題に慣れているという強みもあります。

 

奨学金を債務整理する人は多い

 

奨学金の取り立ては年々厳しくなってきているので、債務整理によって奨学金を整理する人は増えてきています。そのため弁護士や司法書士も奨学金の債務整理経験が豊富な事務所が多くなっており、的確なアドバイスを期待できます。

 

奨学金返済の問題については、債務整理に対応している弁護士や司法書士が強いので、債務整理をするかわからない状況だったとしても、無料相談で話をきくだけでも価値はあると思います。

 

当サイトのランキングでは奨学金返済を含めた借金問題の無料相談を行っている弁護士や司法書士をランキングにして載せているので参考にしてください。

 

奨学金返済で悩んでいるなら専門家に相談しよう

 

奨学金や任意整理の無料相談はトップページから

奨学金返済での任意整理とは?初めてでもわかりやすく解説記事一覧

奨学金を含めた借金を任意整理手続きによって整理する場合には、それぞれメリットとデメリットがあります。任意整理はデメリットの小さい債務整理方法ですが、それでもいくつかのデメリットはあるのでしっかりと確認しておきましょう。奨学金返済での任意整理のメリット・デメリット一覧メリットデメリット・依頼料金が安い・借金の督促が最短即日ストップ・連帯保証人に迷惑をかけない・資産を残すことができる・借金理由が問われ...

任意整理は依頼者や代理人である弁護士や司法書士が、消費者金融などの債権者と交渉して借金返済の条件を変更してもらうという債務整理方法になります。交渉の結果として和解・示談が成立して、取り決めた返済条件で返済をしていくという債務整理方法なので、和解交渉で示談が成立しないと意味がないです。任意整理は和解交渉で示談できるだけの交渉力が必要!任意整理は金融業者を納得させて返済条件を軽くしてもらうための交渉力...

奨学金を任意整理する場合に機関保証や連帯保証人にどのような影響が出るのか気になっている人もいるかと思いますが、そもそも奨学金は任意整理で整理することができないので関係ないです。奨学金は任意整理できないので機関保証や連帯保証人に影響はない奨学金を所管している日本学生支援機構は任意整理には応じてくれないので、保証人が機関保証でも親族が連帯保証人だとしてもあまり関係はないです。任意整理されるようなら影響...