奨学金の任意整理では機関保証や連帯保証人は関係ない!

奨学金任意整理機関保証連帯保証人

 

奨学金を任意整理する場合に機関保証や連帯保証人にどのような影響が出るのか気になっている人もいるかと思いますが、そもそも奨学金は任意整理で整理することができないので関係ないです。

 

 

奨学金は任意整理できないので機関保証や連帯保証人に影響はない

 

奨学金を所管している日本学生支援機構は任意整理には応じてくれないので、保証人が機関保証でも親族が連帯保証人だとしてもあまり関係はないです。

 

任意整理されるようなら影響はありますが、任意整理に応じてくれないならそもそも影響が生じるわけはないということです。

 

そのため奨学金を債務整理によって整理しようとして弁護士や司法書士の無料相談を利用して相談すると、任意整理ではなく、個人再生や自己破産などの債務整理を提案されると思います。

 

任意整理を利用して債務整理する場合には、奨学金は任意整理に応じてくれないことから、奨学金を除外して、奨学金以外の借金を整理していくというのが一般的です。

 

では仮に奨学金以外の、機関保証や連帯保証人が設定されている借金を任意整理するとしたらどのような影響が出るのでしょうか?

保証人のついた借金を任意整理する場合の影響とは?

保証人借金任意整理影響

 

保証人がついた借金を債務整理すると、その保証人に迷惑がかかるというのはよく言われていることで、この保証人が人質のような形になって債務整理できないという人は少なくないです。

 

ただ任意整理を利用すると保証人に迷惑をかけずに債務整理することができます

 

任意整理は保証人が設定されている借金を除外して債務整理できる

 

保証人に迷惑をかけずに債務整理したいなら任意整理は非常に便利な債務整理方法で、任意整理は債務整理する借金対象を選ぶことができるので、保証人がついた借金を除外して、それ以外の借金を債務整理するという方法も可能です。

 

奨学金などの場合も、奨学金以外にも金融業者からの借金やカードによる借金がある場合には、奨学金以外のカードローンや金融業者からの借金を任意整理で整理して、保証人に迷惑をかけないという借金整理方法もあります。

 

もし任意整理で保証人が設定されている借金を整理する場合には、保証人になっている人も同時に同じ手続きをすることで保証人に迷惑をかけずに済ますというやり方もあります。

任意整理すると奨学金の連帯保証人にはなれない

任意整理奨学金連帯保証人

 

任意整理を含めて債務整理をすると、金融業者などの間で共有されている信用情報機関のデータベースにブラックリストとして掲載されます。

 

データーベースは金融業者の間で共有されているので、このデータベースでブラックリストとして掲載されると、各種のローンやクレジットカードなどが利用できなくなってしまいます。

 

またローン審査やクレジットカードの審査にも通らなくなるので、当然ですが子供の奨学金の連帯保証人になることもできないので注意しましょう。

 

ただ一生ブラックリストに掲載されるというわけではなく、任意整理の場合だと5年くらいでブラックリストから削除されるので、その後はローンやクレジットカードを組むことができるようになり、奨学金の連帯保証人になることもできるようになります。

 

ただ信用情報機関によってブラックリストに掲載される期間が若干異なる場合もあるので、もし心配なら任意整理を利用するときにあらかじめブラックリストに掲載される期間について確認しておくといいです。

任意整理は機関保証と連帯保証人どっちの場合で利用するのがいい?

任意整理機関保証連帯保証人

 

任意整理を利用する場合には奨学金に連帯保証人が設定されているような場合に利用したほうがいいと思います。

 

任意整理なら連帯保証人が設定されている奨学金を除外して債務整理することができますが、個人再生や自己破産では連帯保証人が設定されている借金を除外することができないので、連帯保証人に迷惑がかかってしまいます

 

逆に奨学金を機関保証から借りているような場合は、連帯保証人のように知り合いに迷惑をかける心配がないので、個人再生や自己破産などの借金減額幅が大きい債務整理方法で借金整理しても問題ないです。

 

このように機関保証と連帯保証人のどちらを利用して奨学金を借りているかということで、債務整理をする際の影響が違ってくるので、自分の場合はどちらなのかあらかじめ確認しておくといいです。

 

また近年は奨学金を債務整理で借金整理する人も増えてきているので、弁護士や司法書士に奨学金の債務整理を依頼する人も多く、債務整理に慣れている弁護士や司法書士なら奨学金の借金返済に精通しています。

 

そのため債務整理を検討してない場合でも、奨学金返済で苦労しているなら無料相談を利用して返済方法について相談してみるといいと思います。

 

奨学金返済で悩んでいるなら専門家に相談しよう

 

奨学金や任意整理の無料相談はトップページから